最近のコメント

    12月のFXの売買とその注意点

    金融業界には、クリスマス相場と呼ばれる言葉があります。クリスマスは、もちろん12月ですね。ただ金融業界でその言葉が用いられた時には、むしろ12月全般という意味合いが強いです。

    そしてFXという金融商品でもその言葉が用いられる事がよくあるのですが、セオリーではその時期は取引を控える方が良いと言われています。なぜなら値動きが少々読みづらい一面があるからです。

    一般的に年末のシーズンは、多くの方々は多忙ですね。特にサラリーマンの方々などは、やはり忙しいと思います。師匠が走るという事はもありますが、年末は本当に目まぐるしい雰囲気が感じられます。

    となると、サラリーマンの方々はなかなかマーケットに参加するのが難しくなるのです。つまりマーケットに参加している人々の人数は、総じて少なめになりがちなのですね。

    ちなみにそれは日本だけでなく、全世界的にもそのような傾向があるようです。欧米諸国でも、やはり市場参加者が少なくなります。

    ところである程度この金融商品で取引を行った方々でしたらご存知かと思うのですが、参加人数が少ないと相場の値動きはやや独特になります。不意に大きな値動きが発生する事もあれば、逆に全く動かない事もあるのです。

    一般的にこの時期は、まず昼間の時間帯はあまり動かない事が多いですね。特に14時や15時あたりなどは、値動きが本当に大人しいと思います。

    つまり、FXのトレーダーにとっては少々やりづらい状況になる事が多いのです。となると、あまり無理に取引をする必要も無い訳ですね。

    現にプロのトレーダーの方々も、12月の取引はあまりオススメしていません。むしろこの時期は少々休むべきというムードになっている事が多いですね。

    しかし人によっては、取引をしなければ気が済まない方もいらっしゃるでしょう。基本的に私も12月の取引はオススメしないのですが、もしも取引を行いたい場合にはやはり損切り注文は必須だと思います。やや難しい相場になりがちですので、損切りは普段以上に慎重に考えるべきだと思いますね。

    Leave a Reply

      

      

      

    You can use these HTML tags

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>