最近のコメント

    売買前の設計図作成が大事なFX

    本日私は東京地域のある住宅地を、ちょっと歩いていました。そしてその住宅地にて、新たな住宅が建設されていました。街を歩いていると、何かの建設が行われているような光景はよく目撃しますね。

    そして私はその光景を見た時に、ふとFXのセオリーを1つ考えました。設計図です。

    そもそも住宅を作る前に、多くの業者の方々は必ず計画を立てています。その計画が、非常に大事なのですね。

    住宅というものは、ある程度複雑な形状をしています。ですのでいい加減な作り方をしてしまいますと、後で不具合が発生してしまう可能性があるのです。それを回避するためには、やはり設計図を作成するのが非常に大事です。ある程度設計図をしっかり作っておけば、きちんとした住宅が完成する確率も高まるでしょう。

    そして、FXでもそれは大事だと思うのです。FXには設計図のようなものはありませんが、頭にイメージをしておく事は非常に大事だと考えます。何もイメージせずに取引をするよりも、やはりイメージをしておいた方が良いですね。

    私の友人のトレーダーの方は、過去にちょっと興味深いことをおっしゃっていました。友人が取引をする前に、必ず色々とイメージを描くのだそうです。いわゆる設計図のようなものを頭に描く訳ですね。

    そして外貨の動きがその設計図通りになった時には、そのまま取引を実行するのだそうです。ところが設計図とかけ離れたような値動きになった時には、取引は行ないません。見送ります。自分の設計図と異なる値動きが発生しているとなると、調子が狂ってしまう可能性があるからです。

    この考え方は、本当に的を得ていると思います。ちなみにあるプロのトレーダーも、それと同じような事をおっしゃっていたのですが。

    ですのでFXの売買を行う前に、まず頭の中でちょっと設計図を作ってみると良いと思います。それを入念に行うか否かで、FXの売買の成績も大きく違ってくると思われるからです。

    ちょっと手間はかかりますが、自分のお金に関わることです。大事なお金がかかっている取引ですし、よく計画を立てる方が良いでしょう。

    Leave a Reply

      

      

      

    You can use these HTML tags

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>