最近のコメント

    ファンダメンタル分析の基礎

    「FX取引で儲けたい」

    だれでもこう思うはずです。それにはまず、市場動向を予想する必要があります。市場予測の1つとして、『ファンダメンタル分析』というものがあります。しかし、ファンダメンタル分析というもの何か?という疑問が生じると思います。この記事は、ファンダメンタル分析について説明する記事です。

    まず、為替レートを決定するものは、各国通貨の需給です。需給を生み出すものには、貿易、投資、旅行など数多くの事項がありますが、これらの状況を把握しその変化を予測することで、為替市場における各国通貨の需給の変化を見極めようというのがファンダメンタル分析です。

    例えば、「ゴールデンウィークに海外に行く人が多い」というニュースがあったとします。この時、「海外旅行のためには外資が必要なので、円売り、外資買いが進みそうだな」と考えるはずです。また、米国のクリスマス商戦が活況だというニュースを聞いて、「アメリカの景気が良さそうだな」とドル買いを意識する。「ドイツのワールドカップが活況」という話になれば、ドイツ経済への好影響からユーロ買いを意識する。このように、身の回りから世界各国に至るまで、色々な現象が為替に及ぼす影響を考えるのが、ファンタメンダル分析の基本です。

    株式市場の場合は、投資銘柄の属する業界の状況など、ある意味特殊な知識が必要となりますが、外国為替市場の場合は、世界全体の経済状況をもとに相場が動いています。そのため、ごく一部でしか通用しない特殊な知識よりも、一般教養として、為替以外でも役立つ世界経済の知識が必要になります。

    もちろん、世界中の色々な事項が為替市場に影響を及ぼすといっても、その影響力には差があります。実際には、世界中の全ての状況について確認するのは不可能ですので、為替市場と関係が深そうな項目を特に注意して、分析を行っていくことになります。

    具体的には、最も世界中の資金需要に影響を与える各国や金利動向などが分析の中心になります。また、テロなどの突発的な事件や大統領選などの政治的な変化なども、その為替市場への影響を分析しておくことが必要です。

    最後に、ファンダメンタル分析の利点は、相場の流れを生み出している材料をはっきりと認識でき、その状況の変化などにも対応しやすくなります。また、指標やニュースは、その材料が出た直後から大きな値動きになることがありますが、そうした材料を受けた短期的な変動にも対処しやすい利点があります。

    以上がファンダメンタル分析の説明です。少しでも参考にして頂くとありがたいです。

    Leave a Reply

      

      

      

    You can use these HTML tags

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>