最近のコメント

    税金の率が低めになる法人化してのFXの売買

    FXでは、しばしば税金が大きなポイントになります。 大きな利益額が発生すれば、それだけ大きな税金支払いも発生する事になるからです。

    まず税金が発生するか否かは、1年間あたりの利益額に左右されます。20万円が1つのポイントですね。 20万円以上の利益が発生していれば、申告手続きを行う必要があります。 もちろんそれで、税金を納めなければなりません。

    逆に19万円や数万円など20万円に達していなければ、その申告をする必要は無いのです。 ですので利益額次第では、税金が発生しない事もあります。

    ところで税金が発生した場合には、やはりそれを節約したいと思うのが自然ですね。 この投資商品の利益次第では、かなり大きな税金を納めなければならない事もあるからです。

    ではどうすればそれを節約できるかというと、その1つが法人です。 一般的に税率は、法人か個人かによって異なってきます。 前者の場合は、その率が低くなる傾向があります。 ですのでこの投資商品で売買を行っている方々は、しばしば法人化しています。 もちろんその目的は、節税なのですが。

    ただこの投資商品で売買を行うとなると、少なくとも複数名で取引を行っている事があまりないですね。 むしろ自分一人で売買を行っている事が多いでしょう。 ですのでいわゆる合同会社を設立している方々が多いようです。 合資会社などの場合は、2名以上の従業員が必要になるからです。

    それとレバレッジのメリットです。 法人でない場合、最大25までに限定されますね。 しかし法人の場合は200までに拡大させる事ができますので、よりハイリスクハイリターンな売買をする事もできます。 ですのである程度まとまった金額を動かすとなると、個人で売買を行うよりはむしろ法人化する方が良いと考えられますね。

    ただし法人化の際には、色々と複雑な手続きなども必要になります。 特に書面の手続きなどは、やや複雑な傾向があります。 それを考慮した上で、検討すると良いでしょう。