最近のコメント

    FXについて

    為替の変動で取引を行うFX

    FXについてご存知でしょうか。 為替の変動で取引をすることが出来ます。 ではなぜ為替で取引することができるのでしょうか。 世界は地球一個で出来ていますが、歴史や文化は異なります。 これは国ごとであったりします。その国ごとで、お金が違うことで交換するのです。 たとえば簡単な例にあげますと、海外旅行などするとお金を変換しませんか。 その時の価格であるとか手数料で変わります。

    実際にFXで儲かっている人は極わずか。それは一体なぜ?

    手数料についてですが、FXの場合はスプレットと呼ばれていてはじめからスプレットの付いた状態で取引します。 これらは開設したFX会社によって異なりますので見てみるとよいでしょう。 開設についてですが、口座開設が必要になります。 今はとても簡単なようで、メールで身分証明書などを添付するなどで開設し簡易書類できるようです。 FXは今スマホやタブレットなどで場所時間問わずできるようですが、取引は簡単なためか実際に儲けとして取引のできる人は極わずかと言われています。 ではなぜ極わずかなのでしょうか。 それについて少しと考えてみたいと思います。 私たちは、学校なり卒業し社会に出ますが、社会は色々な仕組みで成り立っており、それらはほとんどが経済的なことです。 例外なく小さい頃から私たちは経済効果に貢献または還元しています。 これは、小さい頃の影響も踏まえよくよく考えなければ大人になってから、気づかれるかたも少なくは無いのではないでしょうか。 親の影響もあると思います。これらの勉強も踏まえ、感情を逸脱して考え思考なりを身に付けていかなければいけないようです。

    手法やテクニック=時代によって変わる

    FXの取引手法なりテクニカルノウハウなど言われるものは、だいたいがトレンドであったり時代とともに出てまた去っていくようだと聞いたことがあります。 確かに考えてみてもわかりますが、手法なりテクニカルなどがあるんだとしたらみなやり尽くすと思いませんか。 そのあたりも踏まえよくよく考えなければならないのかなっと思います。

    […]

    税金の率が低めになる法人化してのFXの売買

    FXでは、しばしば税金が大きなポイントになります。 大きな利益額が発生すれば、それだけ大きな税金支払いも発生する事になるからです。

    まず税金が発生するか否かは、1年間あたりの利益額に左右されます。20万円が1つのポイントですね。 20万円以上の利益が発生していれば、申告手続きを行う必要があります。 もちろんそれで、税金を納めなければなりません。

    逆に19万円や数万円など20万円に達していなければ、その申告をする必要は無いのです。 ですので利益額次第では、税金が発生しない事もあります。

    ところで税金が発生した場合には、やはりそれを節約したいと思うのが自然ですね。 この投資商品の利益次第では、かなり大きな税金を納めなければならない事もあるからです。

    ではどうすればそれを節約できるかというと、その1つが法人です。 一般的に税率は、法人か個人かによって異なってきます。 前者の場合は、その率が低くなる傾向があります。 ですのでこの投資商品で売買を行っている方々は、しばしば法人化しています。 もちろんその目的は、節税なのですが。

    ただこの投資商品で売買を行うとなると、少なくとも複数名で取引を行っている事があまりないですね。 むしろ自分一人で売買を行っている事が多いでしょう。 ですのでいわゆる合同会社を設立している方々が多いようです。 合資会社などの場合は、2名以上の従業員が必要になるからです。

    それとレバレッジのメリットです。 法人でない場合、最大25までに限定されますね。 しかし法人の場合は200までに拡大させる事ができますので、よりハイリスクハイリターンな売買をする事もできます。 ですのである程度まとまった金額を動かすとなると、個人で売買を行うよりはむしろ法人化する方が良いと考えられますね。

    ただし法人化の際には、色々と複雑な手続きなども必要になります。 特に書面の手続きなどは、やや複雑な傾向があります。 それを考慮した上で、検討すると良いでしょう。

    FXの口座を作る方法で失敗してしまった私

    私は、すでにFXの口座を持っています。ちなみに複数の会社での口座を保有していますね。

    ところで私が初めて口座を作った時は、今振り返れば失敗してしまいました。もっと別の方法で申し込みをすれば良かったと、今は思います。

    当時の私は、あまりインターネットに慣れていませんでした。ネットで申し込みをするのに、不安点などもあったのですね。それで私の場合は、インターネットではなく投資会社から資料を取り寄せたのです。それでパンフレットをよくよく見てみて、果たして良さそうな商品なのかを見極めたいと思ったのですね。

    そのパンフレットを見た限り、その投資会社は信頼できると思いました。かなり大手の会社という事もありますし、かなりパンフレットも作り込まれていましたね。

    それで私はそのパンフレットの中にはいっていた申込書を、投資会社に郵送しました。それが一番無難かなと思ったのですね。ちなみに書面を記入する際に、特に難しい事はありませんでした。むしろ非常にシンプルな書面だったと思います。

    それで私は、結局その投資会社の審査に通っていました。それで無事に口座を作る事ができたのですが、ある程度日数が経過してから1つ致命的なミスに気が付きました。キャンペーンですね。

    そのような投資商品を提供している会社は、しばしばホームページでキャンペーンの情報を提供しているでしょう。ある程度まとまったキャッシュバックが発生しますので、それに応募するメリットはとても大きいのですね。

    ところが私の場合は紙媒体で申し込んでしまっているので、そのキャンペーンの対象外になってしまっていたのです。あれは今思い返しても、ちょっと痛かったですね。以後私は、FXの申し込みをする時は必ずWEB媒体を用いるようにしています。

    このような事もありますので、ちょっとFXという商品は紙媒体の申し込みは控えた方が良いですね。どうしてもインターネットの環境が無いならば仕方ありませんが、やはりキャッシュバックが勿体ないので、インターネットがオススメです。

    ファンダメンタル分析の基礎

    「FX取引で儲けたい」

    だれでもこう思うはずです。それにはまず、市場動向を予想する必要があります。市場予測の1つとして、『ファンダメンタル分析』というものがあります。しかし、ファンダメンタル分析というもの何か?という疑問が生じると思います。この記事は、ファンダメンタル分析について説明する記事です。

    まず、為替レートを決定するものは、各国通貨の需給です。需給を生み出すものには、貿易、投資、旅行など数多くの事項がありますが、これらの状況を把握しその変化を予測することで、為替市場における各国通貨の需給の変化を見極めようというのがファンダメンタル分析です。

    例えば、「ゴールデンウィークに海外に行く人が多い」というニュースがあったとします。この時、「海外旅行のためには外資が必要なので、円売り、外資買いが進みそうだな」と考えるはずです。また、米国のクリスマス商戦が活況だというニュースを聞いて、「アメリカの景気が良さそうだな」とドル買いを意識する。「ドイツのワールドカップが活況」という話になれば、ドイツ経済への好影響からユーロ買いを意識する。このように、身の回りから世界各国に至るまで、色々な現象が為替に及ぼす影響を考えるのが、ファンタメンダル分析の基本です。

    株式市場の場合は、投資銘柄の属する業界の状況など、ある意味特殊な知識が必要となりますが、外国為替市場の場合は、世界全体の経済状況をもとに相場が動いています。そのため、ごく一部でしか通用しない特殊な知識よりも、一般教養として、為替以外でも役立つ世界経済の知識が必要になります。

    もちろん、世界中の色々な事項が為替市場に影響を及ぼすといっても、その影響力には差があります。実際には、世界中の全ての状況について確認するのは不可能ですので、為替市場と関係が深そうな項目を特に注意して、分析を行っていくことになります。

    具体的には、最も世界中の資金需要に影響を与える各国や金利動向などが分析の中心になります。また、テロなどの突発的な事件や大統領選などの政治的な変化なども、その為替市場への影響を分析しておくことが必要です。

    最後に、ファンダメンタル分析の利点は、相場の流れを生み出している材料をはっきりと認識でき、その状況の変化などにも対応しやすくなります。また、指標やニュースは、その材料が出た直後から大きな値動きになることがありますが、そうした材料を受けた短期的な変動にも対処しやすい利点があります。

    以上がファンダメンタル分析の説明です。少しでも参考にして頂くとありがたいです。

    ポジション整理の状況にならないよう玉数は抑えるべきFX

    FXという金融商品である程度売買を重ねますと、何度か特殊な用語を耳にする事になります。その1つに、ポジション整理があるのです。業者のホームページなどにも、その用語が用いられている事があります。

    簡単に申し上げると、多数のポジションを整理する事を指します。

    私の友人は、最近ポジションがかなり多くなってしまっているようです。友人の場合は少々特殊なやり方で売買を行っているのですが、それによりポジションの数が劇的に増えてしまったそうです。

    一般的にポジションは、10個程度ならば何とか管理できるでしょう。ところが現在の友人の状況は、すでに10数個になっているのだそうです。余りにも数が多いので、一体どのような状況になっているのか自分でもよく分からなくなっているようですね。

    考えてみれば、それはちょっとパソコンのファイルやフォルダにも似ていますね。パソコンを長らく使い続けていると、だんだんファイルやフォルダが増えてきます。それらをいかに上手く整理するかは、パソコンを使いこなす上ではとても大事です。そうでないと、パソコンの内部が色々と複雑になってしまうからです。容量なども増えてしまいますので、できるだけ整理整頓しておく方が良い訳ですね。

    FXにもそのような一面があります。ですので業者によっては、たまにそのポジションを整理するための機能が充実しているとアピールをしている事があるのです。一括決済というシステムもありますが、あれは全てのポジションを整理する時にはとても便利ですね。最近では、そのポジション整理を速やかに行う事ができる業者も増えつつあります。デートレーダーなどにとっては、その機能は便利ですね。

    基本的にこの金融商品では、あまり多くのポジションを持たない方が良いでしょう。非常に複雑な状況になってしまって、混乱してしまう可能性が高いからです。あまり多くのポジションを建てるのではなく、むしろ数をある程度押さえておいた方が良いと私は考えます。

    FXの手数料や損失は経費

    FXのトレーダーによっては、しばしば事業主のような考え方を持っている場合があります。

    例えば、その金融商品の手数料です。この商品で取引をする際には、必ずと言って良いほど手数料が発生します。一番代表的なものは、やはりスプレッドですね。その数値も、各業者によって様々なのですが。

    ところで手数料は、解釈の仕方が様々です。「手数料が発生するのは仕方がない」と考えている方も、中にはいらっしゃるのですね。

    そもそもスプレッドは、どうしても発生します。確かにシステムで決まっている以上は、仕方が無い一面がありますね。

    そしてトレーダーによっては、ほぼ毎日取引を行っている方もいらっしゃいます。ずっとチャートの画面を見続けている方も、中にはいらっしゃるのですね。その金融商品で生計を立てているプロのトレーダーも、中にはいらっしゃるのですが。

    生計を立てているとなると、やはり考え方も色々独自になります。その1つが前述の手数料なのです。

    手数料は仕方がありませんので、それは必要経費と考えているようですね。確かに自営業を営む為には、経費は外せません。全く経費がかからないようなお仕事は、正直非常に数が少ないですね。

    ちなみにプロのトレーダーの方々などは、取引の為に新たなパソコンを購入する事もあるでしょう。そのような場合は、パソコンが必要経費として見なされる事もあります。

    それと、損失ですね。この金融商品で取引を行っていると、1度や2度は必ず損失が発生します。その損失は必要経費と考えているとレーダーの方も、中にはいらっしゃる訳です。

    ですのでプロのトレーダーの方々は、かかる費用や損失などを「経費」と考えている事が多いのが特徴です。それで生計を立てている訳ですから、否応なしにそのような考え方になるのでしょう。

    そして上記の話は、どこか納得できるものがあると思います。手数料がかかるのが痛いかもしれませんが、それは必要経費と思い込んでおくのが良いと思う次第です。

    12月のFXの売買とその注意点

    金融業界には、クリスマス相場と呼ばれる言葉があります。クリスマスは、もちろん12月ですね。ただ金融業界でその言葉が用いられた時には、むしろ12月全般という意味合いが強いです。

    そしてFXという金融商品でもその言葉が用いられる事がよくあるのですが、セオリーではその時期は取引を控える方が良いと言われています。なぜなら値動きが少々読みづらい一面があるからです。

    一般的に年末のシーズンは、多くの方々は多忙ですね。特にサラリーマンの方々などは、やはり忙しいと思います。師匠が走るという事はもありますが、年末は本当に目まぐるしい雰囲気が感じられます。

    となると、サラリーマンの方々はなかなかマーケットに参加するのが難しくなるのです。つまりマーケットに参加している人々の人数は、総じて少なめになりがちなのですね。

    ちなみにそれは日本だけでなく、全世界的にもそのような傾向があるようです。欧米諸国でも、やはり市場参加者が少なくなります。

    ところである程度この金融商品で取引を行った方々でしたらご存知かと思うのですが、参加人数が少ないと相場の値動きはやや独特になります。不意に大きな値動きが発生する事もあれば、逆に全く動かない事もあるのです。

    一般的にこの時期は、まず昼間の時間帯はあまり動かない事が多いですね。特に14時や15時あたりなどは、値動きが本当に大人しいと思います。

    つまり、FXのトレーダーにとっては少々やりづらい状況になる事が多いのです。となると、あまり無理に取引をする必要も無い訳ですね。

    現にプロのトレーダーの方々も、12月の取引はあまりオススメしていません。むしろこの時期は少々休むべきというムードになっている事が多いですね。

    しかし人によっては、取引をしなければ気が済まない方もいらっしゃるでしょう。基本的に私も12月の取引はオススメしないのですが、もしも取引を行いたい場合にはやはり損切り注文は必須だと思います。やや難しい相場になりがちですので、損切りは普段以上に慎重に考えるべきだと思いますね。

    売買前の設計図作成が大事なFX

    本日私は東京地域のある住宅地を、ちょっと歩いていました。そしてその住宅地にて、新たな住宅が建設されていました。街を歩いていると、何かの建設が行われているような光景はよく目撃しますね。

    そして私はその光景を見た時に、ふとFXのセオリーを1つ考えました。設計図です。

    そもそも住宅を作る前に、多くの業者の方々は必ず計画を立てています。その計画が、非常に大事なのですね。

    住宅というものは、ある程度複雑な形状をしています。ですのでいい加減な作り方をしてしまいますと、後で不具合が発生してしまう可能性があるのです。それを回避するためには、やはり設計図を作成するのが非常に大事です。ある程度設計図をしっかり作っておけば、きちんとした住宅が完成する確率も高まるでしょう。

    そして、FXでもそれは大事だと思うのです。FXには設計図のようなものはありませんが、頭にイメージをしておく事は非常に大事だと考えます。何もイメージせずに取引をするよりも、やはりイメージをしておいた方が良いですね。

    私の友人のトレーダーの方は、過去にちょっと興味深いことをおっしゃっていました。友人が取引をする前に、必ず色々とイメージを描くのだそうです。いわゆる設計図のようなものを頭に描く訳ですね。

    そして外貨の動きがその設計図通りになった時には、そのまま取引を実行するのだそうです。ところが設計図とかけ離れたような値動きになった時には、取引は行ないません。見送ります。自分の設計図と異なる値動きが発生しているとなると、調子が狂ってしまう可能性があるからです。

    この考え方は、本当に的を得ていると思います。ちなみにあるプロのトレーダーも、それと同じような事をおっしゃっていたのですが。

    ですのでFXの売買を行う前に、まず頭の中でちょっと設計図を作ってみると良いと思います。それを入念に行うか否かで、FXの売買の成績も大きく違ってくると思われるからです。

    ちょっと手間はかかりますが、自分のお金に関わることです。大事なお金がかかっている取引ですし、よく計画を立てる方が良いでしょう。